気になる探偵という仕事

探偵というと、テレビや小説にも頻繁に取り上げられている、ちょっとカッコ良さそうな職業というイメージがあります。
個人や法人から相談を受け、調査などを行うのが主な仕事です。
しかし実際は地道な作業が多く、非常に地味な職業といえるようです。
探偵の主な仕事は調査業務で、個人からの依頼で行う不倫や浮気調査が多くを占めます。
その為、しばしば面倒な場面に遭遇することもあるようです。
法人からの依頼としては、雇用する人の身辺調査をしたり取引先の調査を任されることがあります。
長時間の尾行や張り込みなど、体力的にきつかったり緊張感の続く仕事でありますが、机に座っているだけで同じことの繰り返しの仕事と比べると、刺激的で新鮮な毎日を送ることができます。
そこで気になるのがやりがいのある探偵業の給与です。
所属する探偵事務所によって違ってきますが、平均すると月収20〜30万程度だと言われています。
高収入を得ているのはごく一部の人に限られています。
それでも探偵業を続けている人は、デスクワークでは経験できない独特のことが経験できる、クライアントの悩みを解決し感謝される喜びを感じることができる、などのやりがいを感じ続けたいと思っている人なのです。

探偵になるために必要なこと

探偵の仕事とは、調査を行うことですが、探偵の仕事は調査をするだけではありません。
探偵の仕事は、浮気調査や行動調査などのほかに、事務所を運営するために必要な一般事務業務から、宣伝広報活動など、調査とは一変してあまり探偵と関係があるとは思えない仕事もあります。
こうした仕事を行うスタッフを募集している探偵事務所も多く、一般事務スタッフで給与が調査員と同じぐらいというのが一般的なようです。
この一般事務スタッフのなかには、相談員やカウンセラーといった人も含まれ、カウンセラーの資格を持つ人が探偵事務所に就職するということもあり、また、探偵事務所でカウンセラーの求人が一定数出ているようです。
探偵事務所で仕事をするといっても、その仕事の内容には、違いがあります。どういった仕事をやりたいのか、探偵として今後、自分の事務所を持ちたいと思っている人は、これらの探偵事務所を運営するために必要な業務についてもある程度知っておく必要があると思います。
探偵学校では、探偵事務所の仕事内容について、主に調査のことを教えてくれます。一般事務の内容を教えてくれる探偵は少ないと思いますので、探偵事務所がどのように運営されているのか、本当の意味で知るためには、実際に探偵事務所へ就職して学ぶしかないのかもしれません。